2009年09月10日

和製英語辞典

カタカナ英語というのは、主に書き物から急速に西洋文化を吸収する時にはとてつもなく便利なものだったと思うのですが、コミュニケーションがより求められる現代においてはそろそろ見直す時期なのかなあと個人的には思います。

「エネルギー」→「エナジー」のように明らかにより原語に近い表記に変えられるものとか、「グレード・アップ」→「アップ・グレード」のように語順が逆になってしまっているものは、旧和製英語を出来るだけなくすような動きがもっとあってもいいように感じます。

知っているようで知らない和製英語をまとめた辞典を見つけたので、ご紹介します。力試しにどうぞ。

和製英語・カタカナ英語を正しい英語に直す翻訳辞典
ラベル:和製英語
この記事へのコメント
>旧和製英語を出来るだけなくすような動き
あ、大賛成ですコレ!それだけで随分、知っている単語→使える単語、に変身するものが多そうです(^^)
私の父の時代は「ティ」という音がなかったとか言って「テッシュペーパー」と発音していましたし(超古)言葉も生活様式の変化とともに、定期的に見直しが必要ですね。

PS今回も私の記事に嬉しい補足をありがとうございました!
Posted by うろこ at 2009年09月12日 13:38
そうなんですよ。和製英語はそのまま使ってしまうと伝わらないどころか 誤解を招く恐れさえあるので、「対応する原語を知って」「改善できるところは変えて」便利に使っていきたいですよね。
Posted by けん at 2009年09月12日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック